+Graphysm

人間の原初の創作行為であるグラフィティー「描きしるす」から発生したアート。「+Graphysm」は、商業施設やオフィスなどの空間計画にアートを導入し、ブランド化する、一連のデザイン戦略です。戦略的空間におけるアートというソリューションを「空間創りのプロフェッショナル」の方々と共に実現するプロジェクトとしてスタートしました。私たちが提案するのは、特定ジャンルの作家や作品ではなく、ニュートラルな視点で空間とアートの融合を最適化すること。自主プロジェクトとして10年以上現代アートのギャラリー「void+」を運営してきた中で蓄積したアートティストとのネットワークと、20年以上に渡る豊富なグラフィックデザインの実績を基に、新しい価値ある「空間」の実現を目指します。
「+Graphysm展」空間におけるアートの存在と、その連動。2018.7.20(Fri)- 8.31(Fri)開催中。

各種サービス、プロジェクトの資料請求、お問い合わせ

Contact